2018年12月01日(土) | お知らせ|広大生協のご案内

共済からのお知らせ

共済からのお知らせ

『院へ進学される方へ!』
 2019年学生総合共済の継続の案内は実家へ郵送されています。ご確認ください。

『お酒はほどほどに…』
 いよいよ今年も残すところあと1ヶ月となりました!これから年始にかけてクリスマスや忘年会、
 新年会や成人式など楽しく盛り上がるイベントが目白押しです。20歳以上の人はお酒を飲む機会の
 増えるでしょう。しかし、お酒はほどほどにしないと恐ろしいもの…。今回は適度な飲酒量と、
 生活習慣病リスクを上げる飲酒量についてご紹介します!
 ※満20歳未満の方は飲酒禁止です!!

  男性…体重60~70㎏の成人男性の場合、「1日平均純アルコール約20g(ビール500ml缶1本)」
     が適正飲酒の目安です。また、生活習慣病リスクを上げる飲酒量「1日平均純アルコール40g」を
     超えないように心がけましょう。
  女性…女性はアルコールの分解スピードが遅く、肝臓障害を引き起こしやすいことから、男性の半分程度の
     「1日平均純アルコール約10g(ビール500ml缶1/2本)」が適量です。生活習慣病リスクを
     上げる飲酒量「1日平均純アルコール20g」を越えないように心がけましょう。

  体内で肝臓がアルコールを処理するには時間がかかります。個人差がありますが、ビール500mlを分解
  するのに要する時間は男性では約4時間、女性では約5時間を目安にしてください。飲酒後に顔が赤くなる人
  や睡眠時、空腹時ではさらに時間を要します。


 

共済からのお知らせ(約222.7KB)

Home